スタッフ紹介

近江谷 俊介(おおみや しゅんすけ)

近江谷 俊介(おおみや しゅんすけ)

役職
代表取締役
資格
建設業経理事務士2級、介護職員初任者研修、電卓検定2段、珠算2級 表計算1級、ワープロ2級、簿記検定2級、第二種衛生管理者 など
出身地
厚岸町
趣味・ハマっていること
ラーメン店巡り、ビール飲み比べ、日本ハム観戦、愛犬小丸と散歩、たまの長期休暇には海外旅行

この仕事を始めるまでの生い立ち

この仕事を始めるまでの生い立ち

私の父は漁師を営んでおり、子供の頃はよく魚の荷揚げや、昆布干し作業を手伝っていました。根気のいる作業となりますが、昆布の根を切る作業を弟と共に行っていました。

高校時代には朝の新聞配達や、観光施設での接客業務等を行っておりました。身体を動かす仕事も楽しくて良いですが、資格を取得して、もっと幅広く仕事が出来たら良いなと思い、父の漁師の仕事は継がずに、札幌の経理の学校に進む事となりました。そこで2年間、経営や数字に関する勉強をひたすらしていました。

学生時代には居酒屋でのアルバイト経験もあります。学校では10個以上の資格を取得し、卒業後は建築不動産・IT関連企業等々を渡り歩き、9年後の平成25年1月にスキップ訪問マッサージとして独立を致しました。

スキップ訪問マッサージを立ち上げる事になったキッカケ

2011年12月に自身の交通事故により、約1年間整形外科・整骨院に通院しておりました。首から腰にかけての痛みが今でも少し残っておりますが、 治療家の先生達の熱心な治療のお陰で大分楽になりました。

そんな中、ふと思う点がありました。私自身は通院する事はできても、ご年配の方々は通院する事が難しくなっておられる方が多いのではないだろうかと。

そこで色々と調べていく内にこの訪問マッサージの存在を知りました。 自宅や施設に訪問し、なおかつ安価でサービスを提供できるならば、困っている方々の助け船になります。 国の方針で病院から在宅へという流れになっており、今まで以上に自宅や・施設で身体のケアが必要な利用者様が 増える事と思います。

リハビリ等の制限もあり、十分なリハビリができずに帰ってこられ、痛みと戦っている方が 沢山いらっしゃるのではないでしょうか。そういった方々のお役に立ちたいと思い、スキップ訪問マッサージは立ち上がりました。時代を培ったご年配の方には、自分の祖父母のように「いつまでも元気でいて欲しい」、「身体が少しでも楽になって欲しい」という気持ちで日々活動をしております。

この仕事をする上で大事にしていること

利用者様のご希望第一で考えています。 利用者様が望まない治療や、イヤイヤ治療を行うという状況を作ってしまっては、その方のストレスになってしまいます。治療を行う事と同じくらいコミュニケーションに重点をおいております。

できるという意識は可能性を広げるので、極力どうやったらできるかを考えながら行動しています。

湯川 研一(ゆかわ けんいち)

湯川 研一(ゆかわ けんいち)

資格
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師
出身地
札幌市
趣味・ハマっていること
テニス、映画鑑賞、読書

この仕事を始めるまでの生い立ち

大学卒業後、6年間のスポーツクラブ勤務を経て、25歳で鍼伮マッサージの専門学校に入学。

3年間の勉学の後、あん摩マッサージ指圧・ はり・きゅう師の3つの国家資格を取得。専門学校卒業後は、 ㈱グローバルスポーツ医学研究所に勤務。その後、5年間系列会社の社長を勤め、平成25年7月に札幌市中央区に ”ゆかわ治療室”を開業。

現在は、札幌市内を中心に寝たきりや歩行困難で困っている高齢者や障害者の方々のご自宅や 介護施設に伺って、訪問マッサージ、訪問鍼伮の治療を行ってます。

そもそも、わたしが施術者を目指した理由は、 20代の頃にスポーツクラブでテニスコーチをしていた時、高校生の育成選手が怪我で試合にでられないのを目の当たりにして、どうにかしたいという思いからです。テニスの練習でスポーツ障害になり、肩や腰、肘を痛める選手のケアをする職業として、スポーツトレーナー という存在を知りました。

早速、私はスポーツトレーナーを目指して東京の鍼伮学校に入学し3年間、勉強致しました。はれて、鍼伮学校を卒業し、大手治療院に就職。トレーナーとしての経験を積んだ後、系列会社の社長を約5年間、勤めました。もう一度、「現場に立ちたい」という思いから 3年前に、独立し開業致しました。慢性痛や難治疾患に効果を発揮するYNSAと得意の徒手療法を柱として日々、施術しております。

なぜ訪問マッサージで施術の仕事をしようと思ったのか?

この仕事を選んだ動機は利用者様からダイレクトに反応が得られること。人や人間観察が大好きで、目の前の人がどのような人生を歩んできたかを想像するのがたまらなく楽しいです。

利用者様から感謝の言葉を頂くと天にも登る気分になります。あと自分のペースで仕事ができて 定年がない事も魅力です。

人に喜ばれて社会貢献が出来てまして定年がなく、健康であれば一生続けられます。在庫や商品を抱えなくても、銀行から大きな融資を受けなくても、莫大な運転資金がなくても、出来る仕事です。

こんな職業、そう無いと思います。性に合ってるんでしょうね、この職業が。そんな気がします。

この仕事をする上で大事にしていること

私のモットーは、「体の痛みや辛さだけでなく、心のケアが出来る人間になりたいと思って日々前進」です。その為にも、研鑽を怠らず鍼やマッサージを通じて、日常の悩みを持たれている利用者様やそのご家族の心の支えにほんの少しでもなれれば幸いと思っております。

湯山 美千代(ゆやま みちよ)

湯山 美千代(ゆやま みちよ)

役職
営業
資格
介護職員初任者研修、硬筆書写技能検定2級、簿記能力検定2級、小型船舶操縦士2級
出身地
厚岸町
趣味・ハマっていること
音楽鑑賞、読書、ゴルフ

この仕事を始めるまでの生い立ち

私の実家は、昆布漁師です。私が後継者になるのを父は望んでいたので男の子のように育てられ、幼少の頃から大人と一緒に仕事をしていたからか、とてもわんぱくな子供でした。

学校を卒業後は父の後を継がず、観光施設の接客業で3年、特産品の製造会社の接客業を10年勤めた後、退職しました。体を動かしたり、人と接する仕事が大好きだったので、短期アルバイトでクロネコ、タウンページ配り、試食販売、水産加工員、特養老人ホームの調理員などをしていました。

なぜ訪問マッサージの営業職を始めることになったのか?

特養老人ホームで調理員として勤務していた当時、調理場のガラス越しから入居者の方たちの様子を毎日伺える環境でした。

入居者さんとは、ガラス越しにおいしかったよ、とか、ありがとうねなど声をかけてもらったり、私が仕事を終え帰る時に廊下でバイバイと手をふってくれたり、毎日ガラス越しから見ているうちに入居者の方のお手伝いをもっと間近でしたいという気持ちが強くなり、ヘルパーの資格をとりました。就職したかったのですが、家の事情で断念しました。

いつかは介護の仕事をしたいと思っていたときに、代表の近江谷からスキップ訪問マッサージの話を聞きました。代表の想いに共感し、私も微力ながらご年配の方のお役に立てればと思い、日々奮闘しております。

この仕事をする上で大事にしていること

利用者様のご希望を第一に考えております。お困りのことが少しでも改善され、多くの方に喜んでもらえるよう日々心がけております。

佐藤 優(さとう ゆう)

佐藤 優(さとう ゆう)

役職
営業
資格
ホームヘルパー2級、福祉用具専門相談員、救急法救急員、スポーツプログラマー2種など
出身地
札幌市
趣味・ハマっていること
愛犬と遊ぶ事、旅行、ランニング

この仕事を始めるまでの生い立ち

小さい頃からとにかくスポーツが大好きで、体操、柔道、水泳などの習い事としておりました。陸上競技(長距離)をずっと続けており、箱根駅伝に出場するという目標がありましたが志半ばで断念しました。体育の専門学校へ進学し、運動についての様々な基礎知識を学び、スポーツ店で3年勤めました。その後スポーツメーカーに10年勤め、介護職員として2年、福祉用具の営業で約1年半勤め現在に至ります。社会人になってからは、時間さえあれば無計画に海外旅行に行ってしまうほどアクティブな面があります。

なぜ訪問マッサージの営業職を始めることになったのか?

スポーツメーカーを退職後、次の転職先に悩んでいた時に母や姉が介護の仕事が良いのでは?と言ってくれたお陰で介護の道に進みました。元々人と接する事が好きで、介護職員として勤めているうちに入居者様を1日1回必ず笑顔にさせようと思って努めてきました。何か人の役に立ちたい、人に必要とされたいと思い入社致しました。

この仕事をする上で大事にしていること

小さな事もコツコツやっていけばいつか大きくなると思っております。誠心誠意をもってみんなが笑顔になれるように努めていきます。

北郷 龍之介(きたごう りゅうのすけ)

北郷 龍之介(きたごう りゅうのすけ)

資格
はり師、きゅう師
出身地
釧路市
趣味
ドライブ、マラソン

この仕事を始めるまでの生い立ち

高校卒業後、北海道メディカルスポーツ専門学校鍼灸学科に3年通い、はり師きゅう師の国家資格を取得。
1年半伊達市の治療院で働いたのち、スキップ訪問マッサージに就職いたしました。

なぜ訪問マッサージで施術の仕事をしようと思ったのか?

従来の治療院のような、患者様に治療院へ来ていただく形ではなく、本当に痛くて動けない患者様が受けたい治療を受けることのできる、患者様のお家に訪問治療へ伺うスキップ訪問マッサージに魅力を感じ、訪問マッサージの仕事をしようと思いました。

この仕事をする上で大事にしていること

患者様のご希望に沿った施術を心がけています。
そのための知識や経験のために日々勉強を精一杯頑張っています。

和泉 怜(いずみ さとし)

和泉 怜(いずみ さとし)

資格
はり師、きゅう師
出身地
函館市
趣味
スポーツ観戦(サッカー、野球)

この仕事を始めるまでの生い立ち

以前は営業の仕事をしていましたが、さらに人の役に立ちたいと思い、はり師きゅう師の資格を取りました。

なぜ訪問マッサージで施術の仕事をしようと思ったのか?

移動などで困ってる方の役に立ちたい、はりきゅうで辛さを和らげてあげたいと思いました。

この仕事をする上で大事にしていること

人と人の繋がりを大事にしています。

髙橋 卓弥(たかはし たくや)

髙橋 卓弥(たかはし たくや)

資格
はり師、きゅう師
出身地
栗山
趣味
ドライブ、映画鑑賞、読書

この仕事を始めるまでの生い立ち

友人に鍼灸師の仕事を紹介され興味がわき、資格を取得しました。

なぜ訪問マッサージで施術の仕事をしようと思ったのか

施術を受けたくても来院できない方を対象に症状の改善や症状の悩み相談をしたいなと思ったのがきっかけです。

この仕事をする上で大事にしていること

専門用語は一切使わないで、分かりやすい言葉を使用して説明して納得して頂いたうえで、患者さんと二人三脚で体の改善をしていくことです。

長沼 望(ながぬま のぞみ)

長沼 望(ながぬま のぞみ)

資格
あん摩マッサージ指圧師
出身
帯広市
趣味
食べ歩き、カラオケ、ショッピング、ファイターズ観戦

この仕事を始めるまでの生い立ち

私は生まれて4日目に視覚障害がわかり、小学生から盲学校に入学し、マッサージの国家資格を取得するまで盲学校で過ごしました。学生時代は、バンドを組んでピアノとボーカルをしていました。陸上やグランドソフトボール(視覚障害者用の野球)の部活動で全国大会に行ったりと明るく活発でした。

2001年に札幌の大きな治療院に就職と同時に一人暮らしを始めました。そこで5年働き、転職の際に訪問マッサージと出会いました。 結婚と出産で一度職を離れましたが、こどもが小学生になってから仕事復帰。2年半ほど前からこちらで働かせていただいております。

なぜ訪問マッサージで施術の仕事をしようと思ったのか

2006年に転職した治療院で訪問マッサージをしており、自分は高齢者の方と接するのが好きだったので、興味がわいたのでやってみることにしました。

やっていく内に、私は治療院でお客さんを待っているよりも一人一人としっかりと向き合って自分から訪問していけるこの仕事が自分には合っているなあと思い、今は天職だと思っています。

この仕事をする上で大事にしていること

私は人と関わるのが大好きです。そのため、体はもちろんですがご利用者様の心も楽にしてあげられたらと思い、コミュニケーションを大切にしています。ご利用者さま一人一人としっかり向き合い、体も心もほぐせるようにこれからも努力して参ります。

営業案内

ご連絡専用電話番号
0120-951-593
札幌店
〒003-0801
札幌市白石区菊水1条4丁目6番37-3号
札幌東店
〒007-0031
札幌市東区東雁来11条3丁目5-3
札幌南店
〒005-0022
札幌市南区真駒内柏丘8丁目4-55
江別店
〒069-0833
江別市文京台53-2
コーポケーアイⅡ203号室
当別店
〒061-0233
石狩郡当別町白樺町3185-3
苫小牧店
〒053-0041
苫小牧市春日町1丁目5-6
ハイツアルファーU207号室
登別・室蘭店/伊達出張所
〒059-0014
登別市富士町4丁目14-4
札幌北店
〒001-0906
札幌市北区新琴似六条9-6-8
栗山店
〒069-1512
夕張郡栗山町松風3丁目148
マンションなかの103
恵庭店
〒061-1417
恵庭市駒場町1丁目3-8
岩見沢店
〒068-0814
岩見沢市美園四条8丁目1-5-105
釧路店
〒084-0907
釧路市鳥取北5丁目4番1号 きりんや鳥取店2階
函館店
〒041-0853
函館市中道2丁目8-3
エムズマンション101号室
旭川店
〒071-8123
旭川市末広東3条3丁目1-7
ヒラソル203号室
小樽店
〒047-0036
小樽市長橋1丁目8-5-208
南幌店
〒069-0235
空知郡南幌町中央3丁目2-16

定休日:土日祝

受付時間 日・祝
9:00〜18:00 × ×

訪問エリアのご案内